トイプードルのショコラ通信
ショコラがママになりました♪4プーになったショコラ親子のドタバタ成長日記です( >▽<)ノ

プロフィール

Kei

profile.jpg Author:Kei

名前:ショコラ
性別:女の子
生年月日:2008年4月23日
種類:トイプードル
カラー:レッド
出身:POODLE HOUSE
お迎え日:2008年7月5日

ショコラの子供たち

top2.jpg
生年月日:2010年4月21日
長男:シエル
  (2012年6月23日虹の橋へ)
長女:ソレイユ
次女:アンジュ

最新記事

Powered by 複眼RSS

カテゴリ

日々のできごと (295)
おでかけ (116)
しつけ・トレーニング (15)
交配・妊娠・出産 (21)
育児 (87)
シエルのこと (26)

参加中です♪

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールはこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

シエルの病気(6)
点滴をしているうちに、シエルの意識も戻り、
立ち上がろうとするそぶりも見せました。
昏睡状態だったシエルからは
信じられないくらいの回復でした。

診察台からケージの中に移って
さらに点滴を続けました。

その間、検査結果の説明を受けました。
そこでわかったシエルの病気については、
また後日、記事にしたいと思います。


 ***


しばらくして、朝まで点滴を続けるか聞かれました。
夜間救急病院が終わるAM3:00で退院するか、
追加料金を払って朝まで点滴を続けるかになります。
どちらにしても、引き続き、
かかりつけの病院での治療が必要です。
今の様子ではAM3:00で退院しても大丈夫そうだけど、
できれば朝まで点滴を続け、
そのまま、かかりつけの病院へ向かった方が
安心だと言われ、そうすることにしました。
先生からは、ここで治療をしていなければ助からなかった、
非常に危険な状態だったと言われ、
ホッと胸を撫で下ろしました。
でも、もしかしたら脳に重い障害が残るかもしれない、
その可能性も指摘されました。

そして、車を運転するパパには待合室で
少し眠ってもらうことに…。
診察室のドアは開け放たれていて、
ちょうど、ケージの中にいるシエルが待合室からも見えました。
私が歩くたびに、診察室にいるケージの中のシエルが
私のことを目で追っていました。
時々、自分で体の向きをかえたり・・・。
少しずつ、状態がよくなっているように見えました。


 ***


6月23日(土)4:45
これは点滴中のシエル。
だいぶ症状が落ち着いてきたのを見て、
もう大丈夫、シエルはきっと元気になる
と信じて疑わなかったときです。
これが生きているシエルの最後の写真になってしまいました。

01_20120917230811.jpg



6月23日(土)6:00
ケージから出しても良いと言われ、
パパがシエルをケージから出し、
膝の上にのせたままで点滴を続けました。

私たちは、4プーの中で一番の困ったちゃんであるシエルを
甘やかさないように、最近は膝の上にのせるのをやめていました。
このとき、シエルを膝の上にのせてあげられたことが
パパにとっての、せめてもの救いだったそうです。


6月23日(土)7:30
夜間救急病院を退院。


※長文のため、数回にわけて投稿します。





***

ランキングに参加中です♪
↓バナーをクリックしていただくと、とっても嬉しいです( >▽<)ノ""


にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます(・∀・)ノ








ブログパーツ

テーマ:トイ・プードル - ジャンル:ペット

【2012/09/18 06:30】 | シエルのこと | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

copyright 2005-2007 トイプードルのショコラ通信 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.