トイプードルのショコラ通信
ショコラがママになりました♪4プーになったショコラ親子のドタバタ成長日記です( >▽<)ノ

プロフィール

Kei

profile.jpg Author:Kei

名前:ショコラ
性別:女の子
生年月日:2008年4月23日
種類:トイプードル
カラー:レッド
出身:POODLE HOUSE
お迎え日:2008年7月5日

ショコラの子供たち

top2.jpg
生年月日:2010年4月21日
長男:シエル
  (2012年6月23日虹の橋へ)
長女:ソレイユ
次女:アンジュ

最新記事

Powered by 複眼RSS

カテゴリ

日々のできごと (295)
おでかけ (120)
しつけ・トレーニング (15)
交配・妊娠・出産 (21)
育児 (87)
シエルのこと (26)

参加中です♪

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールはこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

明治の森のヒマワリ畑
夏休みは8/11〜13、18〜20の
2回に分けて山小屋へ行ってきました。
夜の山道では小鹿に出合いましたよ〜!(≧▽≦)

まだ腰も治っていないし、
森はずっと雨つづきだし。。。
で、前半は買い出しに行っただけであとは家の中でゴロゴロ。
その間に、工務店の社長さんに、新しい薪ストーブ設置のため、
床下補強工事の下見に来てもらいました。
お盆のうえ、急な連絡にもかかわらず
すぐに来ていただいて、
フットワークが軽い社長さんで本当に助かります。

012_20170830204941218.jpg
(ごはんの計量中。ガン見です)



 ***


後半は白河のJA夢みなみファーマーズマーケット「り菜あん」へ。
今が旬のモモが安〜い!
さっそくお買い上げ。

008_20170830205818099.jpg





お食事処の「り菜庵」もあります。

010_20170830204940b56.jpg



山小屋に戻ってからは、やっぱりゴロゴロ。
本当は休みの間に、前オーナーさんの荷物を処分したり
ウッドデッキの塗り替えや庭の草むしりもしたかったけど・・・。
まぁ、そのうち、ね(笑)



 ***



帰りは「明治の森・黒磯」へ。
ここは去年の紅葉の時期に車中泊した道の駅。
そのとき初めて別荘地を見てまわって。。。
あれから休日の過ごし方が大きく変わりました〜。

この左側が青木邸。右側が憩いの広場。

013_20170830204943e04.jpg





並木道があったり・・・。

006_201708302049373a9.jpg



芝生があったり。
ずっとお山のほうは雨つづきでお散歩が出来なかったから、
ここでちょっとお散歩。

005_20170830204935726.jpg





ひまわりの向こうに見えるのが青木邸。

001_20170830204930edd.jpg




みんな向こう向いちゃってるー。

002_201708302049338ef.jpg





ショコラ&アンジュ。

003_20170830204932935.jpg




ソレイユ&アンジュ。

004_20170830204935a0f.jpg


来年は晴れた青空の日に来れるといいね!



***

ランキングに参加中です♪
↓バナーをクリックしていただくと、とっても嬉しいです( >▽<)ノ""


にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます(・∀・)ノ








ブログパーツ

【2017/08/30 23:48】 | おでかけ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
鬼門の尾瀬へ・・・。(4)
アミティで目が覚めて、売店まで歩いて行こうとしたら
さっきより腰が悪化してる!!
さらに腰を曲げて売店へ。
登山の格好をして矍鑠と歩く年配の方のほうが、
私よりよっぽどお元気でした。
売店ではモンベルのコーナーもあって、
帽子や靴、手袋、ウェア、クマすずなどが売ってました。

002_201708242216192a3.jpg
(ブロガーだから写真は撮らなきゃね!)




ここからは千葉の自宅よりも近い山小屋の方へ向います。
スーパーでの買い出しはパパにおまかせして、
やっとの思いで山小屋に到着。
2階の階段を上がることもできず、
1階のソファベッドで休みました。


 ***


翌日は、さらに悪化して壁などを伝わないと歩けない状態。
高い敷居もまたげなくなって、一人でおトイレに入れない。
ソファからも一人で立ち上がれない。
自力で腰を支えることができず、
着替えもできなくなって、
部屋着のまま帰宅することに。
アミティの助手席によじ登るのも、パパの助けを借りて一苦労。
車の振動だけでも激痛で、やっと自宅に戻れたときはホッとしました。
結局、会社に復帰できるまで10日以上かかりました。

IMG_1032_20170824221621e0b.jpg
(このときは少し調子が良くなってきたんだけど。。。)





でも、こんな状態になっても尾瀬に行けて良かった。
やっぱりあそこで引き返さなくて良かった。
パパに絶対反対されると思ったのに、
「よし、わかった!!」って
言ってくれて心強かったです。

IMG_1059.jpg






あとでパパに聞いたら、
途中で私が動けなくなったら
おぶって行くつもりだったそうです。
本当にそうなってたら、共倒れだったかもね。
無事に帰ってこれて良かった。

001_20170824223335384.jpg


でも、くれぐれも皆さんはマネしないでくださいね!
(私が言うのもなんですが)




***

ランキングに参加中です♪
↓バナーをクリックしていただくと、とっても嬉しいです( >▽<)ノ""


にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます(・∀・)ノ








ブログパーツ

【2017/08/24 22:40】 | おでかけ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
鬼門の尾瀬へ・・・。(3)
林の中をゆっくり階段をのぼっていきます。
次のバスに乗った人たちがやってきて
「こんなところで、止まっててどうするの?
 まだまだ始まったばかりだよ」
と声をかけられ、あとから来た人たちに
どんどん抜かされていきました。

DSCN0047.jpg





途中から木道にかわります。
少し濡れて滑りやすくなっているのがこわい(/_;)

沼山峠展望所を過ぎて
しばらくすると雨が降ってきて、
上だけ雨具を着てさらに進んでいきました。

DSCN0049.jpg







林の中を抜けると、視界が開けて景色は一変。
やっと大江湿原に出ました。
登山道入り口からここまでで約1時間。
が、お目当てのニッコウキスゲはまばらで、
白くてフワフワなワタスゲも
すっかり雨でしぼんでたー(/_;)

IMG_1025_20170820185727524.jpg






尾瀬沼の手前に見えるのが三本杉。

001_20170820185728acf.jpg





黄色いニッコウキスゲの中に
まっすぐ続く木道と青い空のイメージがあった夏の尾瀬。

002_201708201857298ea.jpg




思っていた尾瀬の風景とはちがっていたけど、
霧にかすむ尾瀬も静かで趣があってよかったです。

003_20170820185731b97.jpg





湿原に出たときは少なかったニッコウキスゲも
尾瀬沼に近づくにつれ、増えていきました。

IMG_1047.jpg





あちこちで鳥のさえずりも聞こえます。

IMG_1051.jpg






私はあまり写真を撮る余裕がなくて、
今回はほとんどがパパ撮影。

IMG_1058.jpg







かわいらしい売店が見えてきました!
お土産やおやつなども売ってます。

004_20170820185733c39.jpg





尾瀬沼ビジターセンター。
ここで数日前にヤマネがあらわれたそう。
会いたかったなー。

IMG_1066_20170820185738598.jpg







有名な長蔵小屋も。
元気があれば尾瀬沼の周りを少し散策したかったけど、
ここで引き返します。

IMG_1068.jpg






帰りは雨もやんで明るくなってきました。

IMG_1073.jpg




標高が高く、涼しいと思っていたけど、
大江湿原はさえぎるものがなく、意外と暑かったです。

IMG_1080.jpg




心配だった熱中症にもならず、
なんとか大江湿原も散策できました。

IMG_1092.jpg




途中のベンチで食事をしている方もいらっしゃいました。

IMG_1098.jpg





やっぱり一番キツイのが階段。
平坦な湿原の散策は足元さえ気をつければいいけど、
帰りの峠超えまで体力をとっておかないと。

IMG_1103.jpg



無事、登山道入り口に到着。
登山道入り口を出発して戻ってくるまで約4時間。
来ていたバスに乗って御池駐車場へ。
アミティで少しお昼寝です。




***

ランキングに参加中です♪
↓バナーをクリックしていただくと、とっても嬉しいです( >▽<)ノ""


にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます(・∀・)ノ








ブログパーツ

【2017/08/20 19:51】 | おでかけ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
鬼門の尾瀬へ・・・。(2)
7/28(金)に念願&鬼門の尾瀬へ行ってきました。
前日の夜にアミティで出発して4時間半で御池駐車場に到着。
車から降りて空を見上げると、満天の星空が広がっていました。
そして、初めて見る天の川。
翌日に起こる悲劇も知らず、念願の尾瀬にワクワクしながら車中泊です。


 *


翌朝はあいにくの空模様。
車内で身支度をしていたときのこと。
腰をかがめて靴下を履き、上体を起こしたところで


「グキッ」


(え? いまグキッって言った???)


パパが話しかけてきても、まったく頭に入らなくなって、
早く支度したいのにノロノロとしか動けない。
痛みで荷物をバッグから取り出すこともできない。



「パパ〜。いまグキッてやっちゃったかも(/_;)」


試しに車外に出て、リュックを背負ってちょっと歩いてみる。
痛くて腰も膝も伸ばせない。
こんな、目の前まできて断念!?



パパ「無理しない方がいいよ。今日はあきらめよう」

私「ここで帰ったら後悔する。
  尾瀬沼まで行けるかわからないけど、
  行けるところまで行きたい」

パパ「よし、わかった!!」

こうして、おばあさんみたいに腰が曲がったまま、
ヨボヨボと歩き、なんとかバスに乗って、沼山峠に到着。

IMG_1017.jpg





この時点で、リュックを背負うのもつらい。
結局パパに私のリュックを持ってもらうことに。
こんなことになるなら、最初から無理せずに、
パパのリュックに私の荷物を入れてもらえばよかった。




ここが第一関門の登山道入り口。

DSCN0046.jpg





母のためにYouTubeで何度もシュミレーションしたのに
まさか、私の第一関門になるとは(;_ヘ)

IMG_1019.jpg



でも、母のために下見にきたのだから、
足腰が悪くてこのコースを歩けるかどうか。。。
の参考にはなるのかなー?(^◇^;)


つづく





***

ランキングに参加中です♪
↓バナーをクリックしていただくと、とっても嬉しいです( >▽<)ノ""


にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます(・∀・)ノ








ブログパーツ

【2017/08/17 08:00】 | おでかけ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
鬼門の尾瀬へ・・・。(1)
6年前、母とパパと私の3人で行く予定だった尾瀬。
尾瀬は、長年、どうしても行きたいと母にせがまれていた場所でした。
足腰の悪い母のため、あまり負担のかからないコースを考え、
準備を進めていました。
でも、出かける当日、体調不良で延期。
翌年も、行く直前にシエルが虹の橋を渡ってしまったこともあって、
尾瀬行きは断念していました。
(そのときの記事がこちら

そして去年の夏、突然、歩くのもままならなくなってしまった母。
原因を突き止めるため、何度か病院へ付き添っていったときに
「実は1人で行くつもりで尾瀬ツアーの予約をするつもりだった。
 でも、歩けなくなってあきらめた」
と母に打ち明けられ、ビックリした。
お願いだから1人で行くような無茶はしないで欲しい、
いつか絶対に連れて行くからと約束したのでした。


このままではいずれ寝たきりになるという先生の診断で
とうとう今年に入って手術。
入院中も
「あのとき無理してでも尾瀬に行けばよかった」
「もう行けないかもしれない」
と弱音を吐く母に、
「絶対に行けるようになるから」と
リハビリを頑張ってもらいました。
正直、尾瀬に行けるようになるかわからないけど、
そうでも言わないと、
歩かなくなってどんどん筋肉が落ちてしまうから・・・。


あれからだいぶ歩けるようになったけど、
今でも生活に制限があり、階段ものぼることができません。
それでも、今年は無理だけど、
もしかしたら来年以降、
「尾瀬に行きたい」と母が言い出すかもしれない。
そのときのために、下見を兼ねて
パパと尾瀬に行ってきました。




でも・・・。
やっぱり尾瀬は鬼門だったnΣ(゜д゜lll)


001_20170814225720ea9.jpg



つづく



***

ランキングに参加中です♪
↓バナーをクリックしていただくと、とっても嬉しいです( >▽<)ノ""


にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます(・∀・)ノ








ブログパーツ

【2017/08/14 23:16】 | おでかけ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

copyright 2005-2007 トイプードルのショコラ通信 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.